電子ドラムについて

電子ドラムまたはエレクトロニックドラム(エレドラ)は、練習用に最適です。

音が電子的に合成されているために本物のアコースティックドラムと比較しても静かであるうえ、音量調節やヘッドフォンの使用が可能です。

またアンプやスピーカーにつなぐことも可能ですから、利用の幅は練習だけにとどまらず、様々な用途で使うことが可能です。

パッド(打面)はメッシュベルトやラバーであることが多く、振動をセンサーが感知して電気信号へと変換しています。

 

叩いた感触や音などが本物と似ていることから人気の高い電子ドラムですが、現在の人気に至るまでは各社撤退という時期もあったようです。

そんな電子ドラムにおける歴史を少しご紹介しましょう。

 

■1970代後半:アメリカのポラード社「SYN-DRUMS」が世界初の認知商品となり、「シンドラ」または「シンセ・ドラム」と呼ばれました。

日本においてはピンクレディーやYMOなどの有名アーティストがユニークな電子音を採用して取り入れていました。

■1978年:日本の東洋楽器社から「ULT-SOUND」が発表されました。

 

■1980年前半:イギリスのシモンズ社から「SIMMONS」が発表され、その六角形のデザインに注目が集まりました。

価格はほぼ100万円ということで、当時はかなり高額ということでも注目されました。

この頃から、バスドラム、スネアドラム、トムトム(タム)の3点が基本となりました。

■1980年代中頃:国内メーカーが本格的に電子ドラムに参入し、YAMAHA社の「PMC1」、PEAL社の「DRX-1」、Roland社の「DDR-30」などが発売されました。

 

■1980年代後半:電子楽器がなかなか世間にも音楽業界にも受け入れられず、電子ドラムも売り上げが停滞、徐々に各社は電子ドラムから撤退を始めます。

■2008年:YAMAHA社の「DTXPLORER」やローランド社の「V-Drum」などパッドにメッシュヘッドを採用したものが発売され、性能とデザインが飛躍的に進歩しました。

青汁 比較