ドラム譜について

ドラムの譜面がどのようになっているかに興味を持つ人は少なくないでしょう。

それはとても不思議な記号の集まりのようで、ピアノなどで楽譜を読みなれている人でも首をかしげてしまうような表記となっています。

ではドラムの楽譜である「ドラム譜」について、少しご説明しましょう。

 

ドラム譜は、ほかの楽器でも用いられる記号表記などの楽譜である「タブ譜」のひとつで、数字や文字や記号表記などは「タラブチュア」と呼ばれています。

つまり、「タラブチュア」の集まりが「タブ譜」となり、「タブ譜」の中でもドラムの場合を「ドラム譜」と呼んでいることになります。

では、表記はどのようになっているのでしょうか。

以下に、その表記の例をご紹介します。

 

まず五線譜を用いるのはピアノなどの楽譜と同様ですが、五線譜のそれぞれがバスドラムやシンバル、スネアドラムなどを意味しています。

そこに記号が表記されるのですが、その表記も本当に様々です。

H.H.はハイハット、B.D.はベース(バス)ドラム、S.D.がスネアドラムまでは理解しやすいところですが、ハイハットを開く場合は「○」、ハイハットを閉じる場合は「+」というようにプラスアルファで演奏方法などが記されていきます。

またRim.がリムショット、Lは左手のショット、Rは右手のショットという表記です。

 

以上が良く使われるもので、これらのタラブチュアが五線譜の中に並んでいるのがドラム譜です。

その通りに演奏するピアノの楽譜と違い、ドラム譜はおおまかな目安に過ぎません。

そのため、楽譜を読み取り演奏することに慣れるまでは少し時間を要するかもしれません。

債務整理