ドラムの練習法について

ドラムの効果的な練習法をご紹介しましょう。

 

まずドラムの命ともいえるリズムを取る方法です。

最もポピュラーかつシンプルなのはメトロノームを利用する方法で、合わせて手を叩くことでリズムを身体に刻み込むことができます。

演奏中に足で一定リズムを刻んでいる人もいますが、これはかなり上級テクニックですので、初心者には難しいでしょう。

 

ある程度のリズムが身に付いたら、次はいよいよ叩く動作として実践してみましょう。

叩く動作での練習となると、実際にドラムを持たない人や、ドラムを持っていてもご近所が気になる方には難しいものです。

そんな時には、ドラムがなくても出来る、あるいは場所を選ばず自宅で出来るものもありますので、参考にしてください。

手軽かつ気軽に練習ができるので、継続が必要なドラムの練習には最適です。

必要なものは、なんと座布団1枚のみです。

お察しの通り、座布団をドラムにみたてて叩くのです。

座布団はかなりの音を吸収しますので、騒音にもならずに済むでしょう。

 

さらにお勧めなのは、お気に入りのライブやバンドの映像を見ながらの練習です。

ただリズムを刻む練習よりも意欲が高まりますし、練習に疲れている時の気分転換にもなります。

またリズムをつかむためのイメージトレーニングにもなるかもしれません。

 

ドラムは見た目以上に演奏が困難なことで知られています。

ですから、とにかく練習と継続が上達の鍵なのです。

完璧を求めて疲れないよう、時々はこのような練習も取り入れて、楽しむことも忘れないようにすると良いでしょう。

ga('create', 'UA-44696868-6', 'auto'); // $("body.blackboard .after-host").fitText(3, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '100px' }); // $("body.sketchbook header").fitText(3.2, { minFontSize: '10px', maxFontSize: '80px' }); ga('send', 'pageview');

(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){

?? controler-s.com ??is Expired or Suspended. The WHOIS is here.

$("body header").fitText(5.6, { minFontSize: '8px', maxFontSize: '24px' }); m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)