ドラム初心者について

ドラムに限らず、楽器を始める際につきまとう悩みとしては「練習場所」と「良い先生」があげられるでしょう。

まず練習場所についてですが、とりわけドラムは大きく高価なものですし、安易に購入して狭い部屋に置くことになってはどうしようもありません。

またドラムはピアノなどと違い大きな音ですし、不快に感じる方もご近所にはいるかもしれません。

そうなると、ますます困ってしまいますが、解決方法はあります。

練習場所についての対策を2つご紹介しましょう。

 

・「電子ドラム」を利用する

 

電子ドラムは、電子音によって音を出すもので、パッド(打面)を叩くなど生のドラムと同じように演奏することが出来ます。

音や叩き心地も生のドラムと変わらないといわれる上に、音量調節が可能でヘッドフォンも利用できます。

まさに自宅での練習用としては最適ですが、パッドを叩く際の振動音は出ますので、集合住宅ではマナー範囲での時間帯にとどめる必要があります。

 

・「レンタルスタジオ」を利用する

 

「練習スタジオ」とも言われ、生のドラムを思う存分に演奏することができます。

こうしたスタジオではドラムセットもレンタルできるそうですから、とても便利です。

上達のためには本物での練習が一番ですから、初心者でも上達した人でも、スタジオでの練習は欠かせないといえるでしょう。

 

練習場所を確保した次には、「良い先生」がいれば更に上達は早まります。

書店に置かれたDVD講座や教本も良いですが、やはり直接指導に勝るものはありません。

「ドラム教室」などを利用してみてはいかがでしょうか。

教室は敷居が高いと感じている方でも、周囲にいるドラムの先輩に聞いてみるというのもいいかもしれません。

とりわけ演奏が難しいとされるドラムですが、誰もが初心者からスタートしています。

きっと何かしらのアドバイスがもらえるでしょう。