ドラムの種類について

「ドラムセット」の組み合わせは必ずしも決められているわけではありません。

ドラマーが自分の好みに応じ、ドラムとシンバルなどをサイズ、音の特徴などを考慮しながら組み合わせるものです。

ドラムセットの中でも使われることが多いものをご紹介しましょう。

以下は、その一例です。

 

■バスドラム:ドラムセットの正面にある大きなドラムで、低く力強い音です。

 

打面(ヘッド)は両面にフィルム張りとなっていて、足でペダルを踏むことで叩いて音を出します。

フロントに穴があり、「アタック音」といわれる叩いた瞬間の音を調節することが可能で、ジャズ系では穴を閉じ、ロック系では穴を開けて演奏することが多いようです。

 

■スネアドラム:別名、サイドドラムと言われ、ドラマーの目の前かつ膝の高さくらいにおきます。

 

スネアとは金属製の響き線をさしており、裏面のヘッドに装着されています。

スネアはこのドラムの音を作り出す最大の特長で、歯切れの良い音となります。

響き線は「スナッピー」とも呼ばれ、効果を高めるために打面のフィルムはプラスチック製でも薄いものが使われています。

またスネアドラムのもう一つの特長は、その銅(シェル)の素材です。

素材により音色が異なるため、好みの音色のスネアドラムを使えるよう、鉄や真鍮、銅、アルミニウムなどの金属製、または木製などの種類があります。

 

■トムトム:タムとも呼ばれ、シンプルなドラムのひとつです。

 

両面または片面のヘッドがフィルムが張りになっています。

2〜4個の口径が違うタイプを並べて使うことが多いようです。

レンサバ